アロマヘッドヒーリング® マインド・ハート・スピリット

心身の状態と思考

このページは、セラピストアワーズジャパンに 寄稿したものです。

 

セラピストアワーズのランディングページ
https://peraichi.com/landing_pages/view/healing-island

 

いつもの待ちのスタンスは人それぞれ。
1人1人に歴史があり、これまでや今の状況が違うからあたりまえですね。
それぞれの個性を知ることで、コミュニケーションが容易になり、ストレスが軽減しやすいはずです。
このセミナーは、人の特性を知る大きなツールになります。

 

ストレングスファインダー®の強み入門「もっと自分をたのしもう!」
http://healing-island.jp/news/strength-finder-introduction-to-strength

 

個々の興味のありか や 夢、好みなどの意識のほとんどが通る場所が脳幹にあります。
それが、毛様体賦活系だといわれています。

 

 

情報の仕分所 毛様体賦活系

ほとんどの情報は、脳幹にある毛様体賦活系で仕分けされるといわれています。
脳に送られる情報の99.9%は消えてしまうそうです。
そうしないと、毎日なだれ込んでくる情報を全て処理していたら、脳は対応しきれなくなります。
近年では、江戸時代の人の一生分の情報が一日でやってきますので、特に集中と選択が必須です。
そのため、人は進化の過程で 毛様体賦活系の仕組みを獲得しました。
凄い処理力で、全ての情報をふるい分け、
その中から自分にとって大事なものだけを拾い上げるツールとして、働いてくれています。

その仕分の基準は、その人の好みや環境、自分の夢や決意などです。
こうなりたい、こうしたいなどと強く思い描いたら、そのために必要な情報はどんどん入ってきます。

自分が好きで欲しかったブランドの物を意識すると、
街を歩くと やたらに意識したブランドと 同じものを持っている人が多くいることがあります。
この現象は 納得ですね。

毛様体賦活系が受け取る刺激が多くなりすぎると、やたらと警戒心が強く、
神経過敏で、そわそわと落ち着かなくなったり、常にしゃべり続けたり、
じっとしておくことができないなど 行動がおこりやすくなります。
脳に送られるペプチドホルモンなどの化学物質 ノルアドレナリン (ノルエピネフリン)が少なくなることが原因です。
内気な人は外交的な人と比べて働きが活発で過剰反応をおこしやすくなるといわれています。

ノルアドレナリンは、拍動や呼吸を早めたり、神経を興奮させたり、意欲を高めたりする物質です。
放出されるとリラックスや安心するときに分泌されるセロトニンなども放出され、バランスをとります。
ずっとオンの状態が続くと、セロトニンまでも枯渇し、うつ的な状態に向かいます。

網様体にはもう一つ役割があります。
意識を維持し続けるだけでなく、睡眠を促すというスイッチのような役割です。
この機能に支障が出ると不眠などの症状や、昼間でも病的に寝てしまう症状となります。

アロマセラピーと連携させる

アロマセラピーは薬理成分の集まりである、エッセンシャルオイルを使用します。
小瓶に詰めたパワーを嗅ぐと、嗅覚器からの情報は電気信号となり、毛様体賦活系を経由せず
情動を司る古い脳の大脳辺縁系の海馬や偏桃体に送られます。
そのため、仕分所で分別される前に、ほとんどの場合、本来の心身が 好き嫌い で反応してます。
エッセンシャルオイルが、その人が必要としているホルモンの様に作用してくれ、
バランスを保つ方向へと導いてくれるからです。
だから、アロマセラピストは、アレルギーや禁忌事項 など 複数の確認をした後に、
香りを提案すると その人の好みに合う香りと出会わせられるようになり、
心身の状態にマッチした出会いの機会をつくります。

しかし、嗅覚にだけ頼らず、わざと香りを仕分して提案することもあります。
例えば、これから人前での大切なスピーチが待っているのだけど、
頭をスッキリするためにトリートメントを利用される時など、
その方のこれからの状況などを加味するためです。

さらに、緊張症なのか、
常に堂々とお話できる人なのか、
不安が先走り楽しめない人なのか・・・など、
同じように頭をスッキリさせるという目的でも提案する香りは変わってきます。
緊張症の場合は、ノルアドレナリンなどを助長させるものより、少しだけリラックスさせる方向へ向かうものを、
堂々とお話できる人でしたら、リフレッシュさせる方向へ向かうものを、
不安ばかりの方には、安心し、楽しくさせるもの を提案してあげることが出来ます。

このように、アロマをうまく使うと、自分の思い込みとは うらはらに
本来の体の状態をバランスさせてくれることができます。

辛い、苦しい、悲しい、痛い時など、香りを先に取り入れると、
その後 変化した感情に応じてバランスさせる化学物質も あとから放出されやすくなります。

そして、視点を変えたアロマを取り入れた生活で、いつもの日常を意識的に良い方向に向かわせてみると、
良い発想が浮かびやすくなり、毛様体賦活系の仕分してくれることも変化することが見込めます。

―思考は現実化する(ナポレオン・ヒル)-

 

セラピストアワーズ代表 高松 春后
http://healing-island.jp/expert/76.html

 

 

 

セラピストアワーズのホームページはこちら
http://healing-island.jp/

 

 

当サロンでのケア情報は、こちら

treatment salon cozyspot

ご予約・お問い合わせはこちら
(初回は 滞在時間を30分程長めに考えておいてください。)

Contact

関連記事

高松 春后 Haruko Takamatsu

トータルアロマプロデューサー
アロマヘッドヒーリング®ファウンダー
垣根を超えた個性あふれるセラピストのグループ セラピストアワーズ 発起人
エアアロマジャパン セールスパートナー
日本アロマコーディネーター協会 認定加盟校
シデスコインターナショナル ライセンス
放送大学 生命科学 エキスパート


30年以上、エステやアロマ業界で人の癒しや教育、サロン運営を続ける。
主催するスクールや九州、関東、北海道で、多くの失敗や経験から学びまとめた、
頭(脳)を癒す究極のメソッド、アロマヘッドヒーリング®を中心としたセミナーを行う。

詳しいプロフィールはこちら

shrimマインド・ハート・スピリット

最新のお知らせ・ニュース

こちらで最新のお知らせ・ニュースをお伝えしております。


最新のお知らせ・ニュース

Aroma Head Healing®ご予約

2018年10月
 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
×
24
×
25
×
26
27
28
29
30
31
     
2018年9月

おまかせトリートメントご予約

2018年10月
 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
×
24
×
25
×
26
27
28
29
30
31
     
2018年9月

PAGE TOP