A Voyager with Therapy Life

自然の摂理 ~危機が及んでいることを知る方法~

ずっと 私はセラピストとして働いてきました。

心身の健康のことやエネルギーのことなど、興味があることは どうしても知りたくなり、できる限り自分へ投資してきました。もう少し考えて勉強すれば、貯金がもっとできたかもしれないと反省するときも多々あります。

しかし、クライアントのニーズに対処して、満足してもらうことが生きがいとなり、セラピスト以外の仕事が考えられず、30年以上が経ちました。

 

 

あるトレーニングを受けた先生の話は、私を不思議なエネルギーの世界に誘ってくれました。私にとっては、授業とともに余談の話も楽しみでした。

 

先生は、ある日本の航空機事件からそんなに年月が経たない頃、授業のなかで 脈の測り方の話をしてくれました。

 

「首のところに流れている両方の頸動脈と手首の脈を測ってごらんなさい。

3か所一緒に脈打ってるかな?
一緒じゃなかったら、命が危ないそうですよ。

24時間以内の内に死んでしまうサインだといわれているんです。
もし、健康な時に自分の脈のリズムが違っていたら、近くの人にも脈を測ってもらって、その人たちが違っていたら、その場所に危険が及ぶということだから
直ぐに離れた方がいいそうですよ。
あの ほぼ満席の飛行機事故の時に、自分の脈が違うからと 一人の乗客が乗らなかったらしい。そしたら、その飛行機が墜落したそうです 」

 

「また、首の左右のどちらか か 手首の内、 どこが弱いかによっても 体調や心身の疲れ、詐欺などの事件に巻き込まれる可能性が高くなるので、たまに測って気を付けておくことをおすすめします 」

 

ふーん。
不思議な話だな……

 

その当時の私は そう思っただけで、話のことさえすっかり忘れていました。

あまり深く考えずに 知識やスキルアップにいそしんでいた頃でした。

 

長い年月が経ち、大きな震災があった後に、私は また同じような記事を見つけました。

 

ある人が、子供たちを避難させた建物で 自分の脈を測ったら、違っていたので他の子供たちも測ってみたそうです。

すると、みんな違っていたとのこと。

とっさに、その建物よりも高い山に向かって全員を避難させて、津波からの難を免れたという事でした。

 

それで、遠い昔のあの先生の話を思い出しました。

 

 

私は、セラピストとして常に傾聴を意識して、仕事中は、話を聞く姿勢が板についているとは思っています。

実は、本来は人の話を聞くことが苦手でした。

今でも子供の様に思ったことを発してしまうことが多いのですが、いつの間にか常に陰と陽で例えるとすれば、相手を引き立てる 陰 にまわるようになっていました。

ただ、静かになると 何かしら話をして場をなごませようと、つい自分の記憶の引き出しから話題を投げてしまうことがあるのです。

 

ご年輩のマダム A さんと会話していた時の事、手に携帯されているアップルウォッチの脈の話から、その日 初めて脈の測り方を知っていると 心身の調子や危険が回避できるかもという話を振りました。

最近は機械を持っている人も多いようですが、機械で計らなくても 自分で計ることができれば、 それなりに役立つ情報になるかもしれない と思ったのでした。

 

3か所の脈の測り方などを伝えた後に、

「あの飛行機事故に乗っていた人が、この方法で一人降りられ、助かったそうです 」

と エピソードを話に添えました。

 

その時、Aさんが言われたのです。

 

「あの飛行機に弟が乗っていたの。

弟は、東京での仕事を終えて、大阪に帰る時に、早目の便が空いたので、変更してもらったの。

そしたら、墜落してね……

自宅で奥さんの手料理を食べたいと、少しでも早く帰りたかったみたい。

家が一番好きな人だったから、弟らしかったわ 」
「えっ!?

な、なんと申し上げて良いか……

それは本当に大変でしたね……

運命とは いつどうなるか わからないものなのですね。

悲しいことを思い出させてしまい、申し訳ありませんでした 」

 

「もうだいぶ前の話だから……

でも、しばらくは大変だったのよ。

弟の家族も 数回はあの山にも登っていたわよ。

 

今は気持ちの整理は出来ているけど、

本当に人はいつ何が起こるかわからないものだと思ったわ。
人の命は はかないものね 」

 

 

私は、話が思わぬ展開になったことで 頭が真っ白になりました。

 

もしかしたら、その飛行機をキャンセルしたその人の席に そのAさんの弟さんが乗られたのかもしれない。

そんなことを考えると、それ以上言葉が見つかりませんでした。

 

世の中には、自分が思いもよらない事故や事件などに巻き込まれたりする人がいます。

 

なんと自然の摂理は残酷なのか……

事故や争い、災いなどを 考えると そこはかとなく恐ろしいことです。

 

 

壮大な宇宙に生かされている私たちは、それぞれにこの世に生きる意味があるのですね。

 

人は、多かれ少なかれ 自分の生まれた意味や使命を模索し、果たすことが いろんな形で ある と思います。

 

本当の答えは 死ぬときしかわからないかもしれない……

 

様々な人生の話をうかがうことが増え、

一日一日を大切に生きていきたい

とあらためて思うこの頃です。

 

 

 

関連記事

高松 春后 Haruko Takamatsu

トータルアロマプロデューサー
アロマヘッドヒーリング®ファウンダー
垣根を超えた個性あふれるセラピストのグループ セラピストアワーズ 発起人
エアアロマジャパン セールスパートナー
日本アロマコーディネーター協会 認定加盟校
シデスコインターナショナル ライセンス
放送大学 生命科学 エキスパート


30年以上、エステやアロマ業界で人の癒しや教育、サロン運営を続ける。
主催するスクールや九州、関東、北海道で、多くの失敗や経験から学びまとめた、
頭(脳)を癒す究極のメソッド、アロマヘッドヒーリング®を中心としたセミナーを行う。

詳しいプロフィールはこちら

shrimマインド・ハート・スピリット

最新のお知らせ・ニュース

こちらで最新のお知らせ・ニュースをお伝えしております。


最新のお知らせ・ニュース

Aroma Head Healing®ご予約

2019年11月
         
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
×
26
×
27
28
×
29
×
30
2019年10月

おまかせトリートメントご予約

2019年11月
         
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
×
26
×
27
28
×
29
×
30
2019年10月

PAGE TOP