A Voyager with Therapy Life

cozyspot 名前の由来

あるお客様との出会い

私がこんな仕事を始めて数年が経ったころ
勤めていた店でとってもかわいがってくださるお客様がいらっしゃいました。

その方は、とってもおしゃれなマダムでした。
小市民の私とは お召し物の桁が2桁違うトータルコーディネートで
いつもパーティにでも参加されるような出立で来店されてました。

私もファッションを拝見するのが楽しみで、
お会いするたびにその日のファッションの話をうかがっておりました。

また、ご主人様も店を訪れてくださり、
美容やおしゃれを楽しまれている奥様の姿を喜ばれていました。

お二人の間にはお子様がなく
私は、声をかけていただいてはお宅にお邪魔し、
豪華なお食事とカラオケで宴会に参加させていただきました。
帰ろうとする私に 「まだいいじゃない」 というお言葉をいただくと、
ついつい 朝方まで楽しませていただいたこともありました。

 

人生とのおつきあい

その方は、ご病気で 数年間入退院を繰り返しながら過ごされ、晩年は
「おしゃれをしてもどうせ死んでしまうのに・・」
と聞くのもつらい言葉を口にされるようになりました。
楽しみだったお買い物もおっくうになられた奥様に
ご主人は、「元気になってくれるなら..。」
と よく着物やお洋服をプレゼントされてました。

時代は、今のようにみんながスマートフォンで画像をとれる時代ではありません。
私は、おしゃれされた姿を写真にとって見せてくださいね。
と励ましたり、入院先にお邪魔したり、
自分にできることを考え声かけしたり行動していました。

しかし、会社組織の中での、限られた時間の中では、
その一人のためだけにとれる時間は限られていました。

何度か病室にうかがうと本当に喜んでくださり、
看護師さんに、「私の担当してもらっている人よ。」
とうれしそうに話してくださっていた光景を今でも覚えています。

最後にお会いしたのは、亡くなられる2日前だったと思います。
私がお見舞いに行った時、その方は、かなり苦しそうにされていて、
チューブや点滴につながれていました。

苦しそうなその方を見て、同じ空間にいることが 見ているのもつらく、
余計に気を使われて苦しくなられるのではと想い
あまり話もしないまま、そそくさと帰ってしまったのが お会いした最後となってしまいました。

それから二日後、亡くなったことを告げる1本の電話が店にかかってきました。
電話を切った直後、入口のドアが誰もいないのに開き
風がスーッと入ってきてまた出ていき、ドアが閉まりました。

ちょっと生温かったので、ドキッとしましたが、
あ~、お別れを言いに来てくださったんだ・・。
と私には思えました。

できることはその時にやる

私が最後に訪問したときに、もう少し手を握ったり、
マッサージをしてあげるとよかったのに・・。
と 悔やみました。

それから、何かが私の中で変わりました。仕事に対する姿勢に自分や会社本位の姿勢がありましたが、
お客様のことを考え、心からの仕事がしたいと取り組むようになりました。

1131688076_ab34752280_m

そして、26年のサラリーマン時代を経て独立し、全てを一人で運営するようになりました。

お客様と一緒に年を重ねていき、喜びも悲しみも分かちあっていける
場所でありたいと思い、

cozyspotというトリートメントサロン名にしました。

由来は、映画好きの私が見た作品の中ででてきたサロン名を半分いただいたものです。
ロバート ハーリングが糖尿病だった妹の死をきっかけに作った戯曲で、
1989年公開の大好きな映画 マグノリアの花たち。

アメリカ南部の田舎町が舞台ですが、
登場する女性たちのハートフルな交流が描かれていました。
その中で、皆が集まる
ドリー バートン演じるトルゥービィの美容室
Beauty Spot 
のような店を持ちたいとずっと思っていました。
spot はそのままいただき、
Beauty Spot → cozy spot  としました。
私は、不器用で、気の利いたことができません。
人との交流ができることがありがたく、訪れてくださる皆様に快適な時間を提供し、

心身の豊かさを共に感じていただけることを願っています。

shrimマインド・ハート・スピリット
ミラクルダイアリーから、小さなミラクルとshrimからのニュースをお知らせします。
ご登録はこちらからお願いします。
https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=HSylTjHSkc

セミナーのことはこちらをご覧ください。
http://shrim.jp/seminartraining/

高松 春后 Haruko Takamatsu

トータルアロマプロデューサー
アロマヘッドヒーリング®ファウンダー
垣根を超えた個性あふれるセラピストのグループ セラピストアワーズ 発起人
エアアロマジャパン セールスパートナー
日本アロマコーディネーター協会 認定加盟校
シデスコインターナショナル ライセンス
放送大学 生命科学 エキスパート


30年以上、エステやアロマ業界で人の癒しや教育、サロン運営を続ける。
主催するスクールや九州、関東、北海道で、多くの失敗や経験から学びまとめた、
頭(脳)を癒す究極のメソッド、アロマヘッドヒーリング®を中心としたセミナーを行う。

詳しいプロフィールはこちら

shrimマインド・ハート・スピリット

最新のお知らせ・ニュース

こちらで最新のお知らせ・ニュースをお伝えしております。


最新のお知らせ・ニュース

Aroma Head Healing®ご予約

2019年11月
         
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
×
26
×
27
28
×
29
×
30
2019年10月

おまかせトリートメントご予約

2019年11月
         
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
×
26
×
27
28
×
29
×
30
2019年10月

PAGE TOP